ここから本文です

「何言ってんだ、お前ら!」金融庁の報告書への批判にドワンゴ夏野氏が怒り 箕輪厚介氏も「現実を直視しないと」

6/11(火) 16:10配信

AbemaTIMES

 「老後に2000万円の貯蓄が必要」とする金融庁の報告書をめぐって、国会が紛糾している。平均的な無職の高齢夫婦の場合、公的年金などでは毎月5万円の赤字で、退職後30年間で2000万円が不足と試算というもので、有権者の批判の高まりは安倍総理の衆参ダブル選の決断に影響する可能性もある。この問題について、10日放送のAbemaTV『AbemaPrime』でも、激しい議論が戦わされた。

 まず、カンニング竹山が「真実だろうなとは思うけど、怪しいって思っても“100年安心““大丈夫“って言われていたのに、いきなり2000万円って言われたら話が違うじゃねえかって思う人もいると思う」と指摘すると、ドワンゴの夏野剛社長は「少なくとも竹山さんや、それよりも下の世代は“そうだよね“って言わなければいけない。こういう情報は今までも出ていたし、そうだよなって思った人も多いと思う。老人たちが“なんとなく大丈夫だろう“って思っていただけ。2000万円だって老人たちの話で、若い世代はこんなものでは済まない。かわいそうだからと言って2000万円をあげたら、下の世代の取り分がもっとなくなる。それなのにメディアも老人に寄り添ったことを言うからおかしなことになる。何言ってんだ、お前ら!と。(金融庁は)よく言った、と言うべきだ」と激しく反論。

 幻冬舎の箕輪厚介氏も「本当にそう思う。これって事実だし、その残酷な真実をマジで直視しないと。当たり前のことだが、企業だって何だって、今ある問題を明るみに出して“じゃあどうしよう“と話をするべきだ。それを“いやいやいや“と隠すというのは最悪の対応。嘘をつい続けるよりは、言って謝った方が誠実だ」と同調。

 怒りの収まらない夏野氏は「残酷だって言うけど、今、日本の国民金融資産は1860兆円あって、80%を60代以上が持っている」と重ねて指摘。すると竹山は「年金について、若い世代は上の世代を支えるものだと思っているのに、一層“じゃあ払うのやめた“となってしまう」と懸念を示した。

 これに対し夏野氏は「そのとおり。だから若い人は絶対年金なんて払わない方がいい」、箕輪氏も「そうだ。そこから考えた方がいい。ゼロベースで」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

最終更新:6/11(火) 16:28
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい