ここから本文です

役所広司、世界最高峰に挑む『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』11月公開

6/11(火) 7:00配信

クランクイン!

 俳優の役所広司が主演を務め、世界的作品を多く手掛けるテレンス・チャンがプロデュースする映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』が11月に公開されることが決まった。役所はこれまでのイメージを覆すような激しいアクションシーンに挑戦する。

【写真】「役所広司」フォトギャラリー


 本作は、原題を『Wings Over Everest(中国題:氷峰暴)』として製作される日中合作映画。標高8848m/氷点下50℃という過酷な条件下のエベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈る、スペクタクル・エンタテインメント作品だ。

 ヒマラヤ周辺国家は、地域の平和のため『ヒマラヤ公約』を締結する地域会議を開催するのだが、会議開催前、機密文書を運ぶ飛行機がエベレスト南部に墜落する。その文書はヒマラヤ地区の得難い平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。

 インド軍側が緊急で派遣した特別捜査官だと自称する二人の男から、機密文書を取り戻す手伝いを依頼さたヒマラヤ救助隊“Wings”隊長・姜は、その依頼に懸念を覚えつつ、ガイドの任務を引き受ける。過酷な雪山で、様々な思いと世界規模の陰謀がからまり、物語は思わぬ方向へ進んでいくことになる…。

 主演の役所は、“ヒマラヤの鬼”と呼ばれ、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる隊長・姜を演じる。確かな演技力に加え、激しいアクションシーンも必見だ。

 そんな役所と初タッグを組んだのは、名監督ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど、世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサー、テレンス・チャン。昨年の東京国際映画祭に来日した際には、本作での役所広司について「役所広司さんの大ファンで、彼のことを世界で一番優秀な俳優だと思っていたので、いつか一緒に仕事がしたいと思っていました。ファンタスティックだった!」と評している。

 ほかにも、「Wings」隊のメンバーとして、最近では『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などハリウッド超大作への出演も続くチャン・ジンチューや、Hey! Say!JUMPの山田涼介主演ドラマ『金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件』や映画『オーロラの愛』に出演の台湾人俳優リン・ボーホンらが出演し、国際色豊かなキャストが顔をそろえる。

 映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は11月より全国公開。

最終更新:6/11(火) 7:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事