ここから本文です

岩瀬巡り人力車いかが 観光ガイド魚谷さん7月開始

6/11(火) 21:52配信

北日本新聞

 富山市岩瀬地区をゆったりと巡ってもらおうと、観光ガイドの魚谷日出子さん(同市岩瀬港町)が7月から、人力車によるツアーを始める。江戸時代から明治時代にかけて北前船交易で栄えた同地区では、かつて住民の足として人力車が使われていた。魚谷さんは「往時の港町の風情を楽しんでもらいたい」と話す。 (報道センター・安多萌子)

 約25年前からナチュラリストとしてガイドを務めてきた魚谷さんは、県の「とやま観光未来創造塾」の上級認定ガイドを5年前に取得。現在は岩瀬地区を主に案内している。歴史ある町並みとの調和で観光客をもてなそうと、中古の人力車(2人乗り)を昨年購入した。

 ツアーでは夫の俊一さんが人力車を引き、魚谷さんが地域の歴史や民話を語りながら案内する。国指定重要文化財・北前船廻船問屋「森家」や富山港展望台を巡り、地元の和菓子も味わう2時間半のコースを提案する。

 今月上旬、試運転として名古屋市の知人6人を案内した。人力車から岩瀬の町並みを眺めた参加者は「風を感じてすがすがしい」「町の風情を感じ、タイムスリップした気分だった」と話した。

 魚谷さんは、2020年東京五輪・パラリンピックを控えた今、日本を訪れる外国人旅行者に向けて岩瀬の町を紹介したいと意欲を見せる。着物の着付けや三味線体験、茶道といった日本文化を体験できるプランも用意している。

 ツアーの料金は1人3千円(4人以上で2500円)。要予約で5日前まで受け付ける。申し込みは魚谷さん、電話076(437)9158。

北日本新聞社

最終更新:6/11(火) 21:52
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事