ここから本文です

西武快勝、“代役先発”の佐野ら投手陣が無失点リレー 巨人はわずか3安打…

6/11(火) 20:38配信

Full-Count

今井の発熱で急遽先発の佐野が快投、巨人今村は6回4失点で今季初黒星

■西武 4-0 巨人(交流戦・11日・メットライフ)

 西武は11日、本拠地での巨人戦に4-0で快勝した。発熱した今井の代役として先発した佐野が4回1安打無失点の快投。2番手のマーティンも3回を無失点に抑えるなど救援陣が好投し、打線はメヒアの2点タイムリーなどで4点をもぎ取って連敗を「2」で止めた。

 西武は初回、巨人のセンター丸のエラーで1点を先制。このリードを佐野が快投で守った。3回まで1人の走者も出さないパーフェクトピッチング。4回1死から坂本に四球を与え、続く丸には初ヒットを許したものの、岡本をダブルプレーに仕留めた。

 ここでお役御免となると、マーティンも3回1安打3四死球4奪三振で無四球の快投。打線は6回に山川、森、中村の3連打で追加点を奪い、なおも1死二、三塁のピンチでメヒアが2点タイムリー。リードを4点に広げ、その後も救援陣が無失点でつないだ。

 巨人は先発の今村が6回9安打4失点(自責3)で今季初黒星。打線も西武投手陣にわずか3安打に抑え込まれ、完封された。

Full-Count編集部

最終更新:6/11(火) 20:38
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事