ここから本文です

ナダル「健康である方がチャンスはよりある」。今年も「ウィンブルドン」前哨戦には出場せず

6/12(水) 6:30配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」で前人未到の12度目の優勝を飾ったラファエル・ナダル(スペイン)。そのナダルは今年も「ウィンブルドン」の前に芝コートの公式大会には出場しないようだ。

ナダルの獲得賞金は...【最新】ATP賞金ランキング(6月10日更新)

ナダルは2015年を最後に、「ウィンブルドン」前に公式戦には出場していない。最後となった2015年は「全仏オープン」でもまさかの準々決勝敗退。その後、芝コート大会の「ATP250 シュツットガルト」で優勝したものの、続く「ATP500 ロンドン」では初戦敗退。「ウィンブルドン」では2回戦で早くも姿を消した。

ナダルは「全仏オープン」12度目の優勝後に「なぜこれを変える必要があるんだい?多くの試合をプレーするよりも、健康である方が(ウィンブルドンで)チャンスはよりあるよ」と語っている。

そのナダルは「ウィンブルドン」で、2008年と2010年に優勝。2006年、2007年、2011年には準優勝となっている。昨年はエキシビションマッチにのみ参加後、「ウィンブルドン」に出場。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)にフルセットの激闘の末に敗れたが、準優勝した2011年以来7年ぶりにベスト4へ進出した。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は「全仏オープン」でのナダル
(Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:6/12(水) 8:00
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ