ここから本文です

『ゴジラ』新作、再撮でストーリーに磨き! 渡辺謙が明かす監督の執念深さ

6/12(水) 10:01配信

マイナビニュース

現在大ヒット中の『名探偵ピカチュウ』でピカチュウと共演し、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(公開中)でも、ゴジラと再共演。今や日本が誇る2つの人気コンテンツは世界のものとなったが、そのキーマンとなっているのが、今や世界的なスターとなった渡辺謙だ。

【写真】宮崎あおい、渡辺謙の前で見せた涙

『GODZILLA ゴジラ』(14)から5年ぶりとなる続編『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(5月31日公開)は、『X-MEN:アポカリプス』(16)のマイケル・ドハティ監督がメガホンをとった。今回は、ゴジラだけではなく、復活した怪獣モスラ、ラドン、キングギドラも登場し、すさまじいバトルを繰り広げる!渡辺は、未確認生物の特務機関「モナーク」の生物学者・芹沢猪四郎役を続投した。

前作に続き、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』も、いち早く観たという「ゴジラ」ファンからも好評を博している。思えば現在、社会現象クラスのメガヒットをしている「アベンジャーズ」や、「スター・ウォーズ」シリーズなど、ハリウッド発のフランチャイズ映画は、近年、軒並みクオリティが高く、駄作が少ない。ワールドワイドに活躍中の渡辺に、本作の撮影秘話と共に、ハリウッド映画の質が底上げされた理由についても聞いてみた。

――まずは、今回の脚本を読まれた感想から聞かせてください。

前作は軍人たちがサバイブしていく感じが強かったのですが、今回、お話の中心にいるのは科学者なので、自分たちがどうやって問題を受け止め、どういうふうに進めていくのかというメンタリティーを非常に重視した物語になっていると思いました。

怪獣たちのファイトとは別に、人間が果たしてこれからどう生きていくべきなのか、というサブテーマが強くあったので、自分としてもやりがいを感じましたし、ある意味、オリジナルのゴジラが持っていたテイストに近づいたんじゃないかという気がしました。

――マイケル・ドハティ監督の印象はいかがでしたか?

マイケルは、非常にカメラを動かすのが好きな、今風の監督です。前回は逃げ惑う陸軍の兵士と、我々科学者たちは別動でしたが、今回は、チームとして動いているので、撮影にもチームワークが要求されました。

いろんな人間のグループショットがあるなかで、トラックインとトラックバック、クレーンに乗せたり、ステディとハンディの両方で撮ったりする中で、当然、テークも増えていく。そういう意味では非常に執念深い監督でしたが、まあ、ハリウッドの監督はみんなそうなので、僕は慣れました(笑)。何十テークも撮りますが、日本みたいに短いカットを何テークも重ねていくのではなく、1つのシークエンスをいろんな動きのなかで撮っていきます。

――編集された映像を観て「こうなったのか!」と驚いたりすることはありますか?

前後をつまんで編集されることはあるけど、話の根幹は全然変わらないです。映画としてスピードは大事だし、そこで違和感を感じるようなことはないというか、切られて悔しいとか、「え? こんなになったの?」と思うことはないです。撮影と編集とのバランスがいいんだと思います。

――今回、特に監督が粘ったシーンについて教えてください。

粘ったというか、実は去年、再撮をしたんです。本作を撮ったのは一昨年ですが、シーンの編成を少し変えたかったようで。前半の説明をぱぱっと凝縮し、その代わりにプラスしたのは、マークたちの家族の話です。彼らの抱えているある種のトラウマや心の傷を踏まえた上で、話が進んでいきます。おそらく、編集でつなげてみた結果、弱い部分を感じて、そこを補強するための再撮だったかと。

――再撮となるとかなりコストもかかります。日本映画では、編集して足りないからという理由での再撮は、あまり聞いたことがないです。

確かに日本ではないですね。今回の再撮ではメインキャストがほぼ呼ばれました。もちろん契約上、呼ばれたら行かなきゃいけないんだけど、みんなそれぞれスケジュールがあるから、それを合わせて撮るというのは大変な作業だし、コストもかかるわけです。

ただ、再撮したことにより、一昨年撮って、僕らがイメージしていたバージョンよりも断然良くなりました。非常にスピーディな展開になったし、余計なものを省きながら、必要な情報はどんどん追加されていました。良いブレーンがいるのかもしれないし、マイケルの判断力が試されたのかもしれないです。

――『アベンジャーズ/エンドゲーム』もメガヒット中ですが、近年のハリウッド映画のシリーズものは、とてもクオリティーが高い気がします。期待値を遥かに超えた続編も多い気がしますが、それはなぜでしょうか?

基本的に、でかい映画の数は減っていると思います。でも、だからこそ、超大作を作るとしたら、絶対に当てなきゃいけないというプレッシャーがすごくあるんだと思います。リスクヘッジとして、これだけ予算を掛けたからには、しっかりと回収するという思いで挑んでいるのではないかと、僕自身は思います。だから最近の大作は外さない。

――確実にホームランを撃てるような作品を慎重に作っているという感じでしょうか?

昔はもっとハズレの映画があったと思いますが、今はそうじゃない。最近、超大作にトライするプロデューサー自体も少なくなっているのかもしれない。また、メジャースタジオもそこまで余裕がなくなってきたのも大きいかなと。

そういう意味で言えば、ゴジラというコンテンツは、すごいかっちりした詰め所みたいなものです。これは絶対に詰まる! と、自信を持って贈る映画です。


■プロフィール

渡辺謙(わたなべ・けん)

1959年10月21日年生まれ、新潟県出身。主なドラマ出演作は、TBS『砂の器』、NHK連続テレビ小説『はね駒』(86)、フジテレビ「御家人斬九郎」シリーズ、NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』(87)など。映画は『ラストサムライ』(03)、『硫黄島からの手紙」(06) 、『明日の記憶』(06)、2011年『インセプション』(11)、『GODZILLA ゴジラ』(14)などに出演。ドラマや映画以外にも、舞台、CMでも活躍。2015年『王様と私』で第69回トニー賞リバイバル作品賞を受賞。

山崎伸子

最終更新:6/12(水) 10:01
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ