ここから本文です

おかえり!ランちゃ~ん 伊藤蘭、伝説の解散コンサート以来41年ぶりステージ

6/12(水) 5:59配信

デイリースポーツ

 伝説の3人組アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで女優の伊藤蘭(64)が11日、東京・TOKYO DOME CITY HALLでソロ歌手としての初コンサートを行った。伊藤がコンサートを行うのは、1978年4月4日、東京・後楽園球場での解散コンサート以来、実に41年ぶり。復活した“ランちゃん”は、ニューアルバム収録曲に加え、キャンディーズ時代のヒット曲「春一番」などを熱唱し、会場を燃やした。

【写真】伊藤蘭 夫・水谷豊と浴衣姿でツーショット

 後楽園球場の特設ステージに“決別”のマイクを置いてから41年、キャンディーズのセンターに君臨していた“ランちゃん”がソロとして帰って来た。

 伊藤は1曲目の「walking in the cherry」が終わると、2500人のファンに2度、深々とおじぎ。「41年ぶりに歌手活動をすることになりました。今日は初のソロコンサートです」と報告すると、会場からは「ランちゃん!」、「おかえり」の声が飛んだ。

 復活の舞台に選ばれた同ホールは、伝説の解散コンサートが行われた後楽園球場と同じ敷地内にある。開演前の会見で、伊藤は「ゆかりの地ですね。スタッフが粋な計らいをしてくれました。ちょっと感慨深いですね。解散コンサートは忘れられません」と話した。

 構成は5月29日にリリースしたアルバム「My Bouquet」を中心に、後半部分にキャンディーズのヒット曲「春一番」、「その気にさせないで」、「ハートのエースが出てこない」、「年下の男の子」を盛り込んだ。キャンディーズ時代に作詞した2曲のアルバム収録曲と合わせ、全17曲を披露した。

 歴史に残る名言「普通の女の子に戻りたい」を残し、キャンディーズは解散。“スーちゃん”こと田中好子さんは2011年に死去し、“ミキちゃん”こと藤村美樹さん(63)は一時ソロ活動したが、現在は芸能界から離れている。伊藤は「1人でキャンディーズの歌を歌うのは寂しい。キャンディーズの曲は1曲1曲が全部思い出」と語っていた。

最終更新:6/12(水) 6:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事