ここから本文です

“両親詐欺事件”Microdot、被害者との協議内容を隠し録音か

6/12(水) 9:40配信

WoW!Korea

両親の詐欺事件で芸能活動を中断した韓国人ラッパーのMicrodotが先ごろ、被害者らと会い合意を慫慂したことがわかった。その過程で、Microdot側が被害者らに無断で対話内容を録音していた疑いもあり、物議をかもしている。

 去る10日、あるメディアによるとMicrodotは両親の初公判を3日後に控えて先月18日、堤川(ジェチョン)に住む被害者Aさんのもとを訪れ、合意を要求したという。

 Aさんは該当メディアとのインタビューで「Microdotが自身の親族と共に私が働いている事務所にやって来た。合意してほしいとして、あれこれ話をしたが、結局(私は)拒否した。以降、Microdot一行は事務所を出ていき、私も建物下の倉庫に行ったのだが、シャッターの向こう側から男性の声が聞こえた。それは、Microdotの声だった。Microdotは『使えるだけの録音はできた? 』と問い、もう一人が『最初の方は使っちゃダメ。私たちが不利になる』と答えていた」と明かした。

 続けてAさんは「対話の際、録音するという言葉は全くなかった。私たちのもとを訪ねてきてあれこれ話をしたら、私たちも意図せず間違ったことを言ってしまう可能性もある。怒って、金銭は受け取らなくていいと言ってしまったり…」と説明。

 Microdot側がAさん側が発する”不意の言葉”を悪用しようと録音したのでは、と推測している。

最終更新:6/12(水) 9:40
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事