ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)森下洋子:10 「純国産」としての大きな使命

6/12(水) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■バレリーナ・森下洋子

 《森下の踊りにはテクニックの確かさや潔さ、ダイナミックさに加え、動きや静止のふとした瞬間に、日本の伝統芸能に通じる趣があるといわれる》
 日本と欧米を行き来して踊っていた1980年代のころ、海外で「能バレリーナ」と評されました。能は静かな中に、秘めやかなエネルギーを持っている。私はそういうつもりで踊っているわけではありませんが、日本人としての細やかな心が自分の踊りの中にも感じられるのだとしたら、ああよかったな、と思いました。
 先人や先輩の方々が、日本にバレエを根付かせようとしていたころの苦労は、すさまじいものだったでしょう。…… 本文:797文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:6/12(水) 11:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事