ここから本文です

グロージャンが強盗撃退。カナダGP帰りの大活躍で、家族の”ヒーロー”に

6/12(水) 19:13配信

motorsport.com 日本版

 ロマン・グロージャン(ハース)の妻であるマリオン・ジョレス・グロージャンは、夫が強盗から家族を守ったことを明かした。

【動画】F1カナダGP決勝ハイライト

 11日(火)にインスタグラムを更新したマリオンは、壊れた窓の写真と共に『月曜日の夜に自宅が強盗に狙われた』と投稿した。

 F1カナダGPに参戦していたグロージャンは、すでに帰国し自宅にいたという。そして彼が、強盗に対峙したようだ。

『幸運なことに、誰も怪我をしていません。そして子どもたちは私たちが感じた恐怖を体験しませんでした。家族を守るため、彼らの前に立ち塞がることをためらわなかったロマンのおかげです』

『報道やソーシャルメディアで私生活を公開するのはあまり好きではありませんが、ヒーローは知られるべきですし、認められるに値します。私は、そのうちのひとりと暮らしています』

 グロージャンはカナダGPではうまくいかず、予選、決勝共に14位となった。しかも決勝スタート時には、他車と接触して外れたアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)のフロントウイングの一部が、マシンに引っかかってしまった。

『私たちは、彼らが達成した偉業を称えるために、ヒーローと呼ぶことがあります』

 そうグロージャン夫人は語った。

『でも私は、その言葉に賛同したことはありません。彼らは世界を救うことはなく、世界をより良くするんです。もちろん、それはそれで素晴らしいことです』

『でも今日は、私の夫はスポーツマンでもあり、ヒーローでもあると言えると思います』

Scott Mitchell

最終更新:6/12(水) 19:14
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事