ここから本文です

トランプ大統領、北朝鮮に対するCIAの情報活動に否定的考え

6/12(水) 3:19配信

ロイター

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、米中央情報局(CIA)が情報提供者を使って北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に関する情報収集活動を行うことは「私の指揮下では起こらない」と述べ、否定的な考えを示した。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は前日、関係筋の話として、金委員長の異母兄で2017年に暗殺された金正男氏がCIAの情報提供者だったと報道。[nL4N23I0YJ]

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、「金委員長の異母兄を巡るCIAに関する情報は承知している。金委員長にはこのようなことは私の指揮下では二度と起こらないと伝える」と述べた。

トランプ氏はこれまでも米情報機関の活動に否定的な認識を示している。

CIAは大統領の発言についてコメントしていない。

オバマ前政権時代に国家安全保障担当の大統領補佐官だったスーザン・ライス氏はツイッターに「いわゆる『最高司令官』について米国民が知るべき全てのことを(この発言が)物語っている」と暗に批判した。

CIAが金正男氏のような情報提供者を使えなくなれば、金正恩体制や、北朝鮮による地域や米国の安全保障への脅威を分析する際の重要な手掛かりが収集できなくなる。

元米情報当局者でブルッキングス研究所所属のジョン・パック氏は電子メールで「大統領が理解すべきなのは、米国の安全維持のためにはCIAが情報収集・分析という任務を遂行できるようにする必要があるということだ。これが幅広い外交、軍事、経済の政策・構想を裏付けることになる」と指摘した。

一方、トランプ氏は金正恩氏から受け取った直近の書簡について「極めて心温まる、素晴らしい書簡だった。北朝鮮は大きな潜在力を持っている」と指摘。金委員長はこれまでのところ長距離大陸弾道ミサイル発射実験や地下核実験は実施しない約束を守っているとし、3回目の米朝首脳会談の可能性は否定しなかった。

「彼は私との約束を守ってきた。それが非常に重要だ」と語った。

北朝鮮は5月に金委員長の指導の下で多連装ロケット砲と戦術誘導兵器の「発射訓練」を実施。トランプ氏はこのミサイル発射を問題視しない姿勢を示したが、大統領補佐官などは国連安全保障理事会の制裁決議違反だと指摘していた。

*見出しを修正しました。

最終更新:6/12(水) 10:18
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事