ここから本文です

藤浪が二軍戦2戦連続無失点でも…虎指揮官まだ“計算外”の理由

6/12(水) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 完全復活はまだ先か。

 11日、阪神の藤浪晋太郎(25)がオリックスとの二軍戦に先発。今季、二軍では公式戦最長となる5回を投げ、1安打無失点。8三振を奪い、課題の制球も無四球と安定した。

【写真】藤浪は初OP戦で“危険球”連発…

 が、報告を受けた矢野監督はステップアップを喜びつつも、一軍昇格については白紙であることを強調。「藤浪の状態が上がったから、すぐどうぞというものではない」と話した。

 矢野監督は藤浪に期待はしても、計算はしていない。藤浪の一軍復帰までの道筋は、本人と二軍首脳陣に任せている。そのメドは立っておらず、無期限の二軍調整中であることに変わりはない。

 そもそも藤浪は二軍戦に限れば敵なしだ。昨季は12試合に登板、63イニングを投げ、4勝1敗、防御率1.14。23四球で死球も1個だけだった。さる阪神OBが言う。

「二軍では一軍とは別人のように相手を見下ろして投げるし、精神的にも落ち着いている。ところが、一軍に上がるや、制球難がぶり返す。甲子園では強烈なヤジが飛ぶし、注目度が高くなることで腕が縮こまるのです。しかも、今季は一時、二軍のマウンドにすら立てない時期があった。藤浪が阪神に在籍している以上、一軍登板に耐えうるメンタルを立て直すのは、かなり時間がかかるかもしれない。後半戦で一軍昇格すれば御の字です」

 どうやら鳴尾浜生活がまだ続きそうだが……。

最終更新:6/12(水) 17:33
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/17(月) 18:25

あなたにおすすめの記事