ここから本文です

新美南吉の「りら、りらら、」を小熊ヒデジが演出、脚本・翻案に森らんぽ。

6/12(水) 11:40配信

ステージナタリー

NAVI LOFTクリエイション企画(2)「りら、りらら、」が明日6月13日から16日に愛知・ナビロフトにて上演される。

【写真】NAVI LOFTクリエイション企画(2)「りら、りらら、」チラシ表(メディアギャラリー他4件)

本公演は、愛知・ナビロフトがプロデュースするNAVI LOFTクリエイション企画の第2弾。今回は、愛知出身の児童文学作家・新美南吉の短編戯曲をもとに、名古屋の若手劇作家・森らんぽ。の翻案・脚本、本企画のプロデューサーでもある小熊ヒデジの演出で上演する。

風の強い夜、森の小さな小屋に少女が駆け込んでくる。追いかけてきた教師に少女は「帰れない」と言い……。出演者には青木純子、竹市桃香、わらしべ長者、劇団放電家族の不動湧心、劇団マネキンのオオノショウヘイ、尾國裕子が名を連ねた。

■ NAVI LOFTクリエイション企画(2)「りら、りらら、」
2019年6月13日(木)~16日(日)
愛知県 ナビロフト

原作:新美南吉「ラムプの夜-学芸会のための一幕劇-」
翻案・脚本:森らんぽ。
演出:小熊ヒデジ
出演:青木純子、竹市桃香、わらしべ長者、不動湧心、オオノショウヘイ、尾國裕子

最終更新:6/12(水) 11:40
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事