ここから本文です

<山寺宏一>「なつぞら」登場で役名に言及? 「白蛇姫」アテレコには「大変なプレッシャー…」

6/13(木) 8:15配信

まんたんウェブ

 女優の広瀬すずさんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の第64回が6月13日に放送され、声優の山寺宏一さんが登場した。東洋動画が制作する漫画映画「白蛇姫」の声を、亀山蘭子(鈴木杏樹さん)と共に担当する活動弁士の豊富遊声(とよとみ・ゆうせい)役で、山寺さんは「あの伝説の語りのスペシャリストを参考にした人物であろうことは、役名から想像がつきました」と明かしている。

【写真特集】これが“伝説”のアフレコシーン? 山ちゃんが「白蛇姫」に命を吹き込む! こんなシーンも!!

 さらに「かつ、アニメーション作品にアテレコをしましたが、元になった作品では日本芸能史に残る名優が声を担当なさっています。よって大変なプレッシャーでしたが、あまり撮られていることを意識せず、普段の声優の仕事と同じような気持ちで臨みました」とコメント。「ほとんどがアテレコシーンでしたし、とても良い雰囲気の中撮影が行われたので、緊張しつつも楽しく演じさせていただきました」と収録シーンを振り返っていた。

 第64回では、なつ(広瀬さん)たちが制作した「白蛇姫」のアフレコを咲太郎(さいたろう、岡田将生さん)の劇団の女優、亀山蘭子が担当することになる。なつは録音を見学しながら、声によって動画に命が吹き込まれる様を目の当たりにする。アフレコの見学の後に、仲(井浦新さん)に感想とお礼を言うと、なつはある言葉をかけられ、驚いて……という展開だった。

最終更新:6/13(木) 8:15
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ