ここから本文です

iPhoneで確定申告、iOS 13のマイナンバーカード読み取り対応で 日経報道

6/12(水) 15:04配信

ITmedia NEWS

 2019年秋に米Appleが公開する新OS「iOS 13」を搭載したiPhoneにマイナンバーカードをかざして、確定申告や児童手当の申請などができるようになると6月11日付けの日本経済新聞が報じた。あらかじめ政府が用意した専用アプリをダウンロードしておくことで、本人確認が必要な行政手続きがiPhoneで行えるようになるという。

 報道によると、政府運営のWebサイト「マイナポータル」もマイナンバーカードをiPhoneにかざしてログインできるようにする。保育施設の利用や子育てイベント参加、健康診断の申し込みなどを行える。

 米GoogleのAndroidを搭載する一部のスマートフォンは、すでにマイナンバーカードを読み取れる機種もある。政府は国内販売数の過半数を占めるiPhoneにもマイナンバーカードを使った仕組みを対応させることで、マイナンバーカードの普及が進むと期待していると日経は報じた。

 Appleは開発者会議「WWDC 2019」で、マイナンバーカードが採用する無線通信規格を含む、NFCやFeliCaなどの読み書きをiOS 13でサポートすると発表していた。

ITmedia NEWS

最終更新:6/12(水) 15:04
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事