ここから本文です

山下真司 ラグビーW杯まであと100日「僕はいつも泣いています!」

6/12(水) 21:03配信

東スポWeb

 俳優の山下真司(67)、元ラグビー日本代表の伊藤剛臣(48)が12日、東京・墨田区の「J:COM Wonder Studio」で行われた「ラグビーワールドカップ2019 開幕100日前記念トークショー&東京スカイツリー点灯イベント」に登場した。

 山下は紅白の日本代表ユニホームを身にまとい「皆さん、こんにちは! ラガーマンの山下真司です!」とあいさつすると、会場から大きな拍手が飛んだ。注目選手を聞かれると「マイケルをおいて、ほかにいないでしょう! このキャプテンはすごい。今までの日本代表の選手にはいなかった」と、まずはナンバー8のリーチ・マイケル選手を挙げた。

「リーチは恥骨を試合で痛めたが、30センチの長い針で治療したそう。ここで気になるのは麻酔をしたかどうか。リーチなら麻酔なしで痛みに耐えると思う。リーチから電話がきたんですが、8強じゃなく『優勝を狙う』と」とエピソードを明かすと、会場も盛り上がった。

 さらに司令塔の田村優選手を挙げて「田村選手の好きな食べ物はヤギです」と細かすぎるトリビアを披露。存分にラグビー好きをアピール。「もう100日なんてあっという間ですから! ラグビーの試合は涙なしには見られない。僕はいつも泣いています! 勝手に監督になった気持ちでいますから!」と熱血ぶりも変わらなかった。

 ラグビーの試合を見ると「だいたい泣く」という山下は「やはり初戦のロシア戦が大事。勝って泣きたい」と日本代表にエールを送った。

最終更新:6/12(水) 21:03
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事