ここから本文です

池上直子の新作公演「Destiny」ダンサー育成プロジェクトの作品も

6/12(水) 19:10配信

ステージナタリー

Dance Marche vol.8 ダンサー育成プロジェクト第1弾「Destiny」が、6月13・14日に東京・スクエア荏原 ひらつかホールで上演される。

【動画】Dance Marche vol.8 Dance Performance  ダンサー育成プロジェクト第1弾 『Destiny』トレイラー(メディアギャラリー他2件)

「Destiny」は、Dance Marche主宰の池上直子が構成・演出・振付を手がける新作。本公演は若手ダンサーの育成を目的とした、ダンサー育成プロジェクトによる「Carmen カルメン」と、池上のソロ作品「ジョルジュサンドの手紙」のダブルビルとなっている。

「Carmen カルメン」では、カルメン役を児玉アリス、ホセ役を吉崎裕哉が務め、一方の「ジョルジュサンドの手紙」では、ショパン役を務める現代音楽家イーガルのピアノ演奏のもと、フランスの女流作家ジョルジュ・サンド役を池上が演じる。

■ Dance Marche vol.8 ダンサー育成プロジェクト第1弾「Destiny」
2019年6月13日(木)・14日(金)
東京都 スクエア荏原 ひらつかホール

構成・演出・振付:池上直子

□ 「Carmen カルメン」
出演:児玉アリス、吉崎裕哉 / 有光藍、糸原聖美、加藤美羽、新名かれん、前原星良、湯淺愛美

※吉崎裕哉の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

□ 「ジョルジュ・サンドの手紙」
音楽監督・作曲:イーガル
出演:池上直子、イーガル(Piano)

最終更新:6/12(水) 19:10
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事