ここから本文です

【ユニコーンS】ノーヴァレンダ、鋭く11秒5

6/13(木) 7:03配信

スポーツ報知

◆ユニコーンS追い切り(12日・栗東トレセン)

 G1ホースが復権へ、絶好の動きを見せた。ノーヴァレンダは藤懸(レースは北村友)の騎乗で栗東・CWコースでアメリカンウェイク(3歳未勝利)を10馬身以上追いかける形でスタート。徐々に差を詰めて直線に入ると内からかわして半馬身先着。ラスト1ハロンは11秒5(6ハロン81秒7)と鋭かった。

 斉藤崇調教師は「バランスの取れた走り。無理をせず、最後までしっかり動いていました」と納得の表情。中山の伏竜S(5着)では内でもまれて力を発揮できなかったが、馬場の広い東京に替わって巻き返してみせる。

最終更新:6/13(木) 14:04
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事