ここから本文です

芦名星、ゴールデン帯連続ドラマ初主演 『W県警の悲劇』ドラマ化

6/12(水) 7:45配信

オリコン

 女優の芦名星が、BSテレ東の「土曜ドラマ9」枠(毎週土曜 後9:00)で7月期に放送される『W県警の悲劇』で主演を務める。芦名にとっては、ゴールデン帯連続ドラマ初主演。『ST警視庁科学特捜班』(日本テレビ)、『相棒』(テレビ朝日)などの刑事ドラマにも出演する芦名だが、今回は、ある目的のために「出世」を志し、そのために「手段を選ばない」ところもある、女性警視というキャリア役。芦名は「この夏はここに尽力しようと思います」と全力投球を誓った。

【画像】葉真中顕氏の原作小説書影

 原作は、『凍てつく太陽』で今年の『第21回大藪春彦賞』、『第72回日本推理作家協会賞』を受賞したばかりの、葉真中顕氏の同名の小説(徳間書店)。イヤミスとしても、女のバトルとしても、考えさせられる人間ドラマとしても、大人の鑑賞に堪えうる異色の刑事ドラマで、県警を舞台に繰り広げられる、女の成り上がりストーリーでもある。

 W県内随一の高級中華料理店「玉好園」の特別個室で開かれる「県警本部の幹部たちの集い 」、通称「円卓会議」。実質の最高意思決定機関として絶大なる権力を持つこの会議に極秘任務を担う一人の女性が呼び出される。それが芦名演じる監察官・松永菜穂子。

 監察官の仕事は“警察の中の警察”ともいえるポジション。菜穂子は、所轄の女性警察官が絡む、県警にとってきな臭い案件の確認や、まずい事件のもみ消しなどの処理を命じられる。

 彼女なりの正義で、清濁併せ呑み、出世のためなら手段を選ばない菜穂子。それは、男尊女卑が色濃い旧態依然の県警の中で、女性警察官の道を作るために、キャリアの自分が“女性警察官の鑑”となり、円卓会議のメンバーに入りして、権力を得るため、日々奮闘しているのだった。

 生まれ持った洞察力や観察力を駆使して、各所轄にいる女性警察官と対峙していく菜穂子。しかし、相手の警察官も一筋縄ではいかない女性たちばかり。菜穂子を含め、それぞれ何かしらの“秘め事”を抱えている“女同士のバトル”が見どころとなる。毎回、女性ゲストが登場し、1話完結ものとしてはもちろん、1話から最終回に繋がる大どんでん返しを楽しめるストーリー展開にもなっているという。

 菜穂子というキャラクターについて、芦名は「設定や人物像にいくつも仕掛けがあり、私のイメージする女性警視よりずっとボリュームのある主人公設定・そして内容でしたので、ますますやり甲斐を感じました」とコメント。

 「全話、どんでん返しが待ってます‼︎ これは今回の1つのポイントですね。それがまた面白い。それを期待して見ていただいても、それをわかっていても、楽しめると思います。そして、最終話まで楽しんでいただいた最後の最後の先に…私も驚愕した出来事が待っています! そこに辿り着くまで、一緒にこの世界観を盛り上げて、楽しんでいただけたらと思います」と呼びかけていた。

最終更新:6/13(木) 11:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事