ここから本文です

片寄涼太&橋本環奈W主演映画『午前0時、キスしに来てよ』新キャスト4人決定

6/12(水) 19:59配信

オリコン

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優・橋本環奈のW主演映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月公開)キャストお披露目イベントが12日、都内で行われた。国民的人気スターと普通の女子高生の秘密の恋を描いた少女漫画を実写化した同作だが、今回発表されたのは、劇中に登場する大人気グループ・FUNNY bone(ファニーボーン)のメンバーで、中条充希を鈴木勝大、森川あやみを野田理人、有村優太を宇佐卓真、桐谷ナオトを内藤秀一郎が演じる。

【写真】楽曲に合わせて即興でダンスを披露した鈴木勝大・宇佐卓真ら

 原作は『別冊フレンド』(講談社)にて連載中で、単行本(電子書籍含む)は累計260万部を突破している、みきもと凜氏による同名の人気恋愛漫画。『僕の初恋をキミ捧ぐ』(2009年)、『潔く柔く』(13年)、『四月は君の嘘』(16年)など多くの漫画作品の映画化を手がけた新城毅彦監督がメガホンを取る。

 片寄が演じるのは、国民的スター・綾瀬楓。橋本が演じる花澤日奈々は、超・まじめ人間として知られるが、実はおとぎ話のような王子さまとの恋愛に憧れる夢見がちな女子高生。さらに、じっと見守ってきた日奈々の幼なじみ・浜辺彰を眞栄田郷敦が演じる。

 今回、片寄演じる綾瀬がかつて所属していたという設定の大人気ダンス&グループFUNNY boneのキャスト4人。劇中でパフォーマンスしている楽曲「Kiss me」の音源の一部も会場限定で公開されると、即興で4人そろってのダンスも披露するなど、サービス精神満点で会場を盛り上げた。

 イベント中盤には、片寄が、サプライズでビデオメッセージを寄せて「5月中旬くらい、FUNNY boneの5人でのダンスパフォーマンスシーンの撮影もありまして。4人はですね、全然経験のないところから、あそこまでのダンスパフォーマンスグループに成長しました」と奮闘ぶりを報告。「僕が演じる綾瀬がFUNNY boneにいた時代や、その絆だったりも、物語もキーポイントになってきます。きょうは、推しメンバー的なものも決めて帰ってくれたらいいな」と笑顔で呼びかけていた。

最終更新:6/14(金) 4:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事