ここから本文です

川田将雅騎手が4年ぶりに函館競馬参戦!史上6人目のJRA全10場重賞Vなるか

6/12(水) 22:33配信

サンケイスポーツ

 6月10日現在、JRA騎手リーディングの首位は72勝を挙げている川田将雅騎手。同騎手は、9日の阪神10Rで節目のJRA通算1300勝を記録した。川田騎手は16日には函館競馬に参戦する予定となっており、函館スプリントSではダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)に騎乗予定。同馬を管理する安田隆行調教師は、6月10日現在、JRA調教師リーディングのトップに立っているが、果たして、リーディング調教師&騎手コンビのダノンスマッシュは函館スプリントSを制すことができるだろうか。

 また、川田騎手は函館を除く9場でJRA重賞を制しており、函館スプリントSを勝てば、史上6人目のJRA全10場重賞制覇となる。川田騎手が函館競馬に参戦するのは、2015年以来4年ぶりだが、史上6人目の偉業を達成することができるだろうか。なお、川田騎手が函館競馬場で勝利を挙げれば、2006年8月以来、約13年ぶりとなる。

最終更新:6/12(水) 22:33
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事