ここから本文です

週間 木曜は晴れて関東も夏日 土曜は梅雨寒も

6/12(水) 11:39配信

tenki.jp

13日(木)は、九州から東北は晴れ。関東や東北で、最高気温が7月並みになる所も。14日(金)は、九州から天気は下り坂。15日(土)は、関東も雨が降り、最高気温は5月並みに。

あすの天気

13日(木)は、梅雨前線は、先島諸島付近で北上する見込みです。本州付近は、高気圧に覆われるでしょう。北海道には、湿った空気が流れ込みます。

【各地の天気】沖縄は、発達した雨雲がかかる所があるでしょう。八重山地方や宮古島地方は昼前にかけて、本島地方は夜に、雷を伴って激しい雨が降る見込みです。滝のような雨が降る所もあるでしょう。奄美は雲に覆われて、夕方から雨が降る見込みです。
九州から東北は、大体晴れるでしょう。強い日差しが降り注ぎます。外へ出る時は、帽子や日傘で、直射日光を遮りましょう。北海道は雲が多く、所々で雨が降る見込みです。強く降ることはないでしょう。

最高気温は、沖縄は26度くらいで、5月並みの予想です。九州から東海は、28度前後の所が多いでしょう。北陸は25度くらいの見込みです。関東も25度前後で、内陸では28度くらいまで上がる所があるでしょう。東北も、内陸を中心に25度くらいまで上がる見込みです。九州から東北は、平年並みか高い予想です。関東や東北南部では、前日(12日)より5度くらい高くなる所があるでしょう。およそ1週間ぶりに25度以上の夏日、という所も。
北海道は、日本海側は20度前後で、7月並みの所がある見込みです。オホーツク海側や日本海側では、15度から18度くらいの所が多いでしょう。平年より低く、5月並みの所もある見込みです。

あさって以降の天気

今後、梅雨前線上に低気圧が発生する見込みです。14日(金)、低気圧は東シナ海を東進するでしょう。15日(土)は本州の南岸を通り、16日(日)は三陸沖を北へ進む見込みです。
14日は、九州から近畿に雨雲がかかり、15日は、東海や関東でも雨が降りだすでしょう。16日は、東北や北海道も太平洋側を中心に雨が降る見込みです。北陸は、北風が吹き、雨が降る所があるでしょう。
予想には、まだ幅があります。低気圧が陸地に近い所を通ると、雨の量が多くなったり、風が強く吹いたりすることがあります。低気圧が陸地から離れて通っても、湿った空気の影響で、曇りや雨の所が多いでしょう。
17日(月)、低気圧は北海道の東を東進する見込みです。本州付近は高気圧に覆われるでしょう。日差しが届く所がありそうです。
18日(火)は、大陸から梅雨前線が九州まで延びてくる見込みです。

沖縄や奄美は、14日から15日にかけて、梅雨前線の影響で発達した雨雲がかかるでしょう。風も強めに吹く見込みです。16日は、前線はやや南下し、晴れ間が広がるでしょう。17日以降は、暖かく湿った空気の影響を受ける見込みです。

この先、最高気温は、晴れ間が出る日は平年並みか高い予想です。雲に覆われる日や雨が降る日は、5月並みとなる所が多いでしょう。気温の変化が大きくなります。体調管理にお気をつけ下さい。

日本気象協会 本社 白石 圭子

最終更新:6/12(水) 12:07
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事