ここから本文です

ペブルビーチ名物7番パー3に進藤大典が挑戦!~杉ちゃん&進藤キャディのペブルビーチGL徹底解剖~

6/12(水) 8:30配信

ゴルフネットワーク

 13日に開幕する第119回全米オープンゴルフ選手権。今年の会場はカリフォルニア州ペブルビーチ・ゴルフリンクスになります。そのペブルビーチGLを海外経験豊富なプロキャディコンビ・杉澤伸章さんと進藤大典さんがCS放送ゴルフネットワーク「じっくり徹底解剖!全米オープン2019」の中で各ホールの攻略ポイントをチェック。

 今回は、進藤さんが名物ホールの7番パー3でワンオンチャレンジ。109ヤードと距離は短いですが、眼の前に広がる太平洋から容赦なく海風が吹き抜けるロケーション。果たしてグリーンオンなるのでしょうか?

一面海のプレッシャーに「これはヤバイ!!!」

杉澤 名物パー3ですよ。

進藤 これはヤバイ!!!ええー!!!

杉澤 距離は凄く短いんですけど、ターゲットはどこになります?

進藤 (海側からの風だと)グリーン右のバンカーの、さらに右を向かないと、左のバンカーにいっちゃいますね。

杉澤 ということは、もはや海に向かって打つような感じになりますよね、

進藤 これで万が一、横風だと思って実際フォロー(追い風)だったら、奥の海にグッバイしちゃいますね。

杉澤 キャリーで直接海にオーバーしちゃうことになりますね。

進藤 ハハハハ・・・笑いが出ますね。

杉澤 頑張れ大ちゃん!

(進藤さんがワンオンチャレンジでティーショット)

杉澤 カモン!おおー!(ボールは右サイドラフへ)いかがでしたか?

進藤 視覚的なプレッシャーがもの凄かったです。ショートアイアンなので、ボールがつかまりやすいじゃないですか。つかまると(ボールが左サイドに飛ぶと)風に乗ってどこまでもいってしまうので右にターゲットをとるんですけど、海が凄~く見えるんですよ。なので、ピンに集中できないんですよね。

杉澤 でも距離感はピッタリでしたよ。練習無しでこのショットは素晴らしいですよ(拍手)

進藤 でも乗せたかったです!

最終更新:6/12(水) 8:30
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ