ここから本文です

日本製鉄・日鉄日新製鋼、薄板全種5000円値上げ

6/12(水) 11:28配信

日刊産業新聞

 日本製鉄と日鉄日新製鋼は11日、国内店売り、リロール、パイプ・軽量形鋼向け薄板全品種(熱延黒皮・熱延酸洗・冷延・めっき)の販売価格を7月出荷相当分からトン当たり5000円(約6―7%)値上げをすることを決め、需要家や流通各社に申し入れを開始した。昨年6月出荷相当分以来、約1年ぶりの価格引き上げとなる。国内在庫の過剰感など懸念要素はあるものの、鉄鉱石をはじめとする主原料価格の上昇、輸送費・資機材・副原料のコストアップにより前年度は実質的に営業赤字に陥るなど販売価格の改善が最大の課題となっている。すでにひも付き分野については、高品質鋼材の提供に向けて原料コストや投資コストを担保する必要があるとして、値上げ交渉を始めており、日鉄グループでは「不退転の決意で交渉に臨む」(同社)構え。

最終更新:6/12(水) 11:28
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ