ここから本文です

日本代表デビューの久保建英「プレッシャーしか感じませんでした」

6/12(水) 20:34配信

テレビ東京スポーツ

キリンチャレンジカップ2019が9日に行われ、日本代表はエルサルバドル代表に2-0で勝利を収めた。試合後、18歳と5日で日本代表デビューを果たした久保建英(FC東京)がインタビューに答えた。

【動画】キリンチャレンジカップ2019 日本代表・久保建英インタビュー

久保建英 コメント

Q.デビュー戦どういうイメージ、狙いでピッチに立ちました?

A.交代選手で交代で入るときに気づいたら時間がたっているとか多いと思うのでそれだけはなしにしようと思っていましたね。

Q.ピッチの中でどういう表現をしようっていうのは決めていた?

A.ボールを持ったら自分のプレーをできるだけ出そうと思っていましたね。

Q.実際にピッチに立ってやれている感じ、やれていない感じっていうのは?

A.やれてなくはないと思いますけど、もっとできたなとは思いますし、でも自分がやりたいと思っていたことはできていたので良かったかなと思います。

Q.具体的にどんなプレーを

A.間でボールを受けて前に運んだりとか、パスで崩したりとか、ドリブルしたりとか、いろんなことを代表のピッチで試せたのはよかったかなと思います。

Q.A代表は何か違うと感じることはありましたか?

A.歓声の大きさも違いますし、演出も違えば肩書も違いますし、すべてがクラブと代表ではクラブは同じ選手とずっとやるわけですし、代表は選手が入れ替わっていきますし、どっちがいいとかはないと思いますけど、違うのは違うので新鮮さはありましたね。

Q.ピッチに入ろうとしたときに歓声が上がりましたが、聞こえましたか?

A.聞こえましたね、ちょっとプレッシャーになったのでやめてくれよと思いましたけど。

Q.最近の代表で入るときあれだけの期待感は久しぶりに聞いたんですがプレッシャーは感じませんでしたか?

A.プレッシャーしか感じませんでしたね。正直見ないふりをしてくれればくらいに思っていましたけど、そうやって期待してくれることはありがたいことだと思うので、期待を裏切らないようにこれからも頑張っていけたらと思います。

Q.今回の経験を通じて、次につなげられる部分を教えてください

A.ピッチで代表選手とプレーできたことはいい経験になりましたし、次につなげられる部分でもああると思うので、同時に2つの要素を持っていると思いますし、こうやって自分とか代表とかアンダー世代を経験している人が「2つをつなぐ役目」じゃないですけど、積極的にコミュケーションをとっていければいいなと思います。

テレビ東京/追跡LIVE!SPORTSウォッチャー

最終更新:6/12(水) 20:34
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事