ここから本文です

脱ペーパードライバー! 街乗りを練習して行動範囲を広げよう! オザキフラワーパーク編【あなたのクルマ、乗らせてくださいvol.9】

6/12(水) 14:50配信

オートックワン

運転の楽しさは街乗りにアリ!? 都内のショッピングに挑戦

11年間まともに運転せず、実力の伴わないゴールド免許を手にしているおおしまです。
今年の目標は脱ペーパードライバー! そのため優しくて命知らずな友人達に協力してもらい、日夜運転の練習と称していろんな場所へと出向いています。

■コンパクトで扱いやすい! 日産 ノートの内外装を画像で見る(18枚)

気軽な街乗りでドライブスキルアップ!

「最近運転がちょっと楽しい!」そう思い始めたおおしまですが、“運転ができる”という状態って、気軽に街乗りができることだと思うのです。

最近のドライブでは主に都内近郊から出発して観光地へと向かうドライブ経験を積んできたおおしまですが、今度はもう少し日常的なスキル、つまり街乗りの技術向上を狙いたい。

そこで今回は新宿近辺からクルマを走らせ、練馬まで買い物に行こうと思い立ちました。

ドキドキの街乗り! 人と停車車両に気をつけ進む

■駐車場から出るのにひと苦労

今回選んだ車両は、おなじみ日産 ノート。正直車両は新しくないのですが、コンパクトさがありがたい! 早速乗り込み駐車場から出していきますが、人通りの多い住宅街だったため、いきなり歩行者との距離にビクビク!
道の真ん中をノロノロ歩くおじいさん、2人で幅をとって歩くカップル、バタバタと走る幼児…。普段何気なく見ている景色も、運転手という立場になると、とたんに違ったものに見えてきます。

■ナビを見る暇がない!

こうして大通りまで走らせ、そのままナビの案内に従って中野坂上、東高円寺、野方と、練馬方面へと近づいてきます。

観光地へのドライブ中はナビをしっかり見て確認しながら進むのですが、街乗りでは目視で注意するポイントも多く、なかなかナビを見ることができません。
「音声だけしっかり聞けばいけるから」と友人にアドバイスをもらいますが、とはいえ「次の信号は右折だから、一番右レーンに早めに入っておくと良い」といったアドバイスはナビにはありません。助手席からサポートしてもらいながら進んでいきます。

都会での運転、ドキドキポイントは…

今回の運転の感触を同乗してくれた友人に聞いてみると「前よりずっと落ち着いてる感じがするよ」と評価は上々。
毎回乗ってくれる友人が、「内輪差に気をつけて」「一定速度で走るように」「目線は遠くを見ること」など小さなアドバイスをくれるので、少しずつ上手く、そしてリラックスして運転できているように自分でも感じます。

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 14:50
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ