ここから本文です

“業務用”のスーパーや商品って本当にお得?覚えておきたい「上手な買い方5か条」

6/12(水) 20:02配信

クックパッドニュース

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんに、家計管理のコツや食費節約の方法を教えていただきます。お金がなかなか貯まらない…とお悩みの方も、このレッスンで丸山流節約術を学んで、貯め上手・遣い上手になりましょう!

■ ■ ■

人気の業務用スーパーやホールセールといった業務用の商品を一般の人でも買える時代になりました。会員制として年会費を払うことで会員価格で購入できるスーパーもあれば、誰でも通常のスーパーのように購入できる業務用スーパーもあります。年会費がかかる場合は、年会費を払ってもそれ以上にお得になるかどうかも考える必要があります。注意すべき点は、年会費を支払っているのだからと必要以上に購入したり、レジャー代わりにしてしまうことです。まとめ買いも計画性がないと、使い切れずに傷んでしまいムダになってしまうことも。また、レジャー代わりにすることであれもこれもと物珍しさや見た目に惑わされて、気がつけば1万円を軽く超える会計になってしまうこともそうめずらしいことではありません。一見お得に見える業務用スーパーも使い方次第でお得にもムダにもなってしまいます。上手な業務用スーパーとの付き合い方をご紹介します。

その1:使い慣れたアイテムに絞る

あれもこれもお得に感じてしまう業務用スーパーですが、買うべきものは定番のものです。その理由は、使ったことがない、使い慣れていない食材やアイテムを冒険するのに業務用はリスクが高いからです。業務用は量が多いので、買ってはみたものの気に入らないアイテムを保存、保管するスペースがムダになります。また、使用頻度が低いアイテムは業務用で購入しても消費に時間がかかってしまい、賞味期限切れになることがありますのでおすすめしません。例えば、業務用のドレッシングは量も多く割安感はありますが、ドアポケットを占領しますし、1種類の味をずっと使い続けなければいけません。家族の人数が多くサラダをよく食べるのであれば消費も早いかも知れませんが、大抵の場合は味に飽きてしまうことも。同様に業務用のジャムや使い慣れない調味料類が挙げられるでしょう。

1/3ページ

最終更新:6/12(水) 20:02
クックパッドニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事