ここから本文です

婚活狂いのトンデモ女子!?結婚相手を探すため、“嘘“をついて入社した結果・・・

6/12(水) 12:30配信

ファンファン福岡

 最近、婚活女子の間で「理系男子」が注目されているんだとか。奥手で真面目そう、周りに女性が少なくて狙い目、理系の専門職なら将来性があって頼もしい・・・など、理想の旦那さんとして、理系男子は人気なのかもしれません。

⇒ 本当にあったあんなコトこんなコト☆プロポーズ10選 ファンファン福岡セレクト

 そんな理系男子の中から、結婚相手を探そうと、面接でワークスキルの虚偽申告をして、職場に潜り込んだ不届き者がのお話です・・・。

 リケジョ(理系女子)のAさんが働くのは、男性9割、女性1割という研究関連の施設。数少ない女性社員にみんな優しく接してくれるので、非常に居心地の良い環境です。

 ある時、Aさんが高校時代の友人達とごはんを食べながら、理系男子の良さを熱弁していました。

 「うちの職場には、イケメン男性はいないけれど、磨けば光る原石ばかり!みんな大学院卒だから頭は良いし、年収も高くて、経済的に安定しているでしょ。奥手で、女性慣れしていないから、浮気の心配もなさそう。理系男子は、結婚相手にぴったりだと思う!」

 その話に食いついてきたBさん。派遣社員で、もうすぐ今の職場の契約期間が満了するので、何度も「結婚して、永久就職したーい!」とぼやいていました。

 ちょうどAさんの勤める研究施設で、事務員のパートを募集していました。それを聞きつけたBさんは、さっそく面接を受けて、採用されたのです。

 ところが、事務員の募集条件として、表計算ソフトのExcelスキルが必須だったため、Aさんは「ねえ、Bさんってパソコンが苦手じゃなかった?ブラインドタッチもできないって。大丈夫?」と心配して尋ねましたが、Bさんはどこ吹く風。

 「大丈夫だよ~それに男性が多いんでしょ?女が『教えてくださ~い』って言ったら、手助けしてくれるでしょ」

 そして入社一日目、Bさんは隣の男性に声をかけました。

 「あのぅ~このパソコン、どこにスイッチがありますか?」

 まず一人でパソコンを起動できませんでした。

 二日目。上司から、社内の同僚に、挨拶メールを出すように指示されて「は、じ、め、ま、し、て・・・はどこかな・・・」と、のんびりキーボード入力をして、メールを書き始めました。

 午前中からスタートして、終わったのは、なんと夕方。その日やった仕事は、挨拶メールを出しただけという無能ぶり。仕事の出来る上司や同僚達は、あまりの仕事の出来なさに呆れ、まるで異星人のようなBさんを、どう扱っていいのか戸惑っているようでした。

 三日目。初日に教わった簡単なExcelの使い方が分からないBさんは、周りにしなを作って「教えてくださ~い」と繰り返しましたが、周囲の男性は、二日目の仕事ぶりを見て、早々と見切りをつけた様子。最低限のことしか教えず、冷たく接したそうです。

 そして四日目、Bさんは出社しませんでした。四日目にはじめて、Bさんの行動を知ったAさんは、「落ち込んでいるのかな?大丈夫かな・・・」と心配して、連絡をしてみると、思いがけない暴言を浴びせかけられたのです。

 「貴方が、会社の男性は優しい人ばかりで、結婚相手にぴったりと言ったのに、みんな意地悪じゃない!普通、美人な新人が入ってきたら、なんでも優しく教えてくれて、できない分はフォローして当然じゃない?私だってアラサーで、もう時間を無駄にできないんだから、貴方の会社で足止めくってるヒマないのよ。もう辞めるから伝えて!!」

 一方的に電話を切られてしまいました。

 逆ギレ状態のBさんに、社会人として呆れ果てたAさん。会社にありのままを報告して、友人の縁を切ったそうです。

最終更新:6/12(水) 12:30
ファンファン福岡

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事