ここから本文です

1歳の長女を死なせた疑いで父親を逮捕

6/12(水) 19:24配信

静岡朝日テレビ

去年のクリスマス、富士市の自宅で当時1歳8カ月の長女に暴行を加えて、その後、死亡させたとして21歳の父親が逮捕されました。

富士市の無職藤原哲太容疑者(21)は、去年12月25日の日中、当時暮らしていた富士市内の自宅で、1歳8カ月の長女・瑛茉ちゃんに何らかの暴行を加えて、9日後に死亡させた疑いがもたれています。

瑛茉ちゃんの死因は頭部外傷で、関係者によりますと、搬送されたときには頭部骨折の重傷でした。

日常的な虐待が疑われるあざなどはなかったということです。

一家は藤原容疑者と妻、瑛茉ちゃんの3人暮らしで、事件が起きた日も全員が家にいたといいます。

近所の住民は。

近くの住民:「息子さんと一緒に買い物に出かける様子があったので3人家族なのかな。(Q藤原容疑者について)普通の男の子。あいさつしたか分からないが、会釈はした」

近くの住民:「そういう事件が多い。本当に怖い」

当日、藤原容疑者と妻が瑛茉ちゃんを市内の病院に搬送し、翌日、病院の報告を受けた児童相談所が虐待の疑いがあるとして警察に連絡し、事件が発覚しました。

捜査関係者によりますと、藤原容疑者は容疑を否認しているということです。

一方で、妻は「夫が子どもを見ていたら様子がおかしくなった」という趣旨の話をしていて、警察は当日の自宅内の状況などを踏まえて、父親の藤原容疑者を逮捕しました。

児童相談所によりますと、今回の事件以前に虐待に関する通報や、家族からの相談などはなかったということです。

最終更新:6/12(水) 19:24
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事