ここから本文です

250スクーターでライバル車より20万円以上低価格!! 実用性抜群なキムコ「G-Dink250i」に注目

6/12(水) 12:01配信

バイクのニュース

熟成と進化を繰り返す、定評ある2バルブエンジン

 キムコ「G-Dink250i」が搭載する水冷SOHC2バルブ単気筒エンジンは、先代「Grand Dink(グランドディンク)」から定評のある、信頼性に優れるエンジンです。街乗りで使う常用回転域でキビキビ走るよう、低回転域から力強い駆動力を発揮します。

キムコ「G-Dink250i」の画像を見る

 滑らかな回転フィールで、アイドリング時に感じていた振動は走り出すと消えてなくなり、快適性に優れる乗り味です。

 タイヤサイズが前輪13、後輪12インチの足まわりは小回りが効き、混雑する市街地走行も苦になりません。一昔前のビッグスクーターはラグジュアリーさを追求したことで車体が巨大化しましたが、Gディンクは扱いやすいサイズ感で多くの人に受け入れられるでしょう。

 ライバルはヤマハ「XMAX」やホンダ「フォルツァ」などになりますが、差別化を図るポイントとしているのが“センタートンネル”(車体構成上足元でまたぐようにできる段差)のないフルフラットなステップボードです。乗り降りしやすいうえ、足元に荷物を置くこともでき、体格的にも機能的にもアジア圏では大きな強みとなります。

 シート高は770mmで、足を地面に下ろしやすいようシート先端が絞り込まれています。XMAXとフォルツァはフロント15インチ、リア14インチでシート高はXMAXが795mm、フォルツァは780mmです。

走行性能に不満は見つからない

 吊り目で大きなレンズのヘッドライトは、H7ハロゲンバルブとLED式アイラインの組み合わせで、フロントマスクはアグレシッブな表情です。

 メーターパネルではアナログ式のタコメーターが大きな存在感を示し、スクーターながらエンジン回転数を見ながらライディングでき、スポーツマインドが伝わってくるのでした。

 スクーターに特化するメーカーだけあって、ハンドリングも切れ込みやオーバーステアを感じることがなく、思い通りのコーナリングができます。直進安定性にも長け、走りに不満は見つかりません。

 それでいて電源ソケットを備えたグローブボックスであったり、浅めながらルーム灯付きのシート下トランクなど機能性も充分。

 なにより、税込み43万2000円という車体価格が圧巻です。XMAXが64万2600円、フォルツァは64万6920円ですから、ライバル勢より20万円以上もリーズナブルとなります。これは大きなセールスポイントとなるでしょう。

青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

最終更新:6/12(水) 16:06
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事