ここから本文です

ル・マン24時間プレビューコラム

6/12(水) 17:01配信

J SPORTS

ル・マンの熱気はまだまだアツい。今年も眠れない6月がやってくる
「メディア受付がまだの方は締切期限を伸ばしますので、受付をどうぞ」

5月6日、ル・マン24時間を運営するフランス西部自動車クラブ(ACO)から来たメールの文面だ。スポーツカー耐久レースの最高峰のイベントであるル・マン24時間には、毎年世界中から非常に多くのメディアが取材に来る。メディアセンターは毎年ほぼ満員だし、しっかりとした媒体が責任をもって申請しなければ受付もしてもらえないレースだ。

それが、先述のメールが来た。今年はどうやらメディアの数が少ないらしい。今年のル・マン24時間は、2018~19シーズンの世界耐久選手権『スーパーシーズン』の最終戦。シリーズの“大トリ”となるレースだが、どうやら関心が減っているようなのだ。

2018年は、TOYOTA GAZOO Racingのル・マン24時間初優勝に沸いた。しかしその後のWECのシーズンで、TOYOTA GAZOO Racingのマニュファクチャラータイトルは決定。もちろん小林可夢偉を擁する7号車と中嶋一貴を擁する8号車のドライバーズタイトル争いはあるのだが、LMP1ではメーカーワークスとプライベーターの差が如実に出てしまった。それまではほぼ2メーカー以上が争っていただけに、関心がやや減っているのは仕方がないことだろう。実際、毎年ル・マン24時間に来ていた日本人メディアもやや減っている。

ただそれでも、レースウイークを迎えたサルト・サーキットの熱気は、今までと変わらないように見える。メディアの数こそ減っても、年に一度の祭典を楽しみにしているファンの姿は変わらないのだ。今年もレーススタートのときの雰囲気は、毎年と同じものになるはずだ。

さて、そんなレースだが、最高峰のLMP1クラスはTOYOTA GAZOO Racingの2台が今年もレースをリードすることは間違いない。ガソリンエンジンを積むプライベーターたちも、一発のスピードでは速さをもっているのだが、やはり総合力が違う。一昨年までなら、2台のTOYOTA GAZOO Racingに何かトラブルが起きたときには……という可能性もあったが、村田久武代表就任後のTOYOTA GAZOO Racingは考え得る限りのトラブルを潰しており、その可能性は大いに減っている。順当に行けば、連覇は堅いだろう。焦点は、タイトルをどちらが獲るかだ。

もちろんそれ以外も見どころは多い。毎年ヨーロッパ勢とWEC参戦チームが激しい争いを展開するLMP2、そしてBMWとフォードが撤退を発表し、6メーカーによる最後の戦いとなるLM-GTE Proの戦いも見逃せない。

1/2ページ

最終更新:6/12(水) 17:01
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事