ここから本文です

なぜホンダの技術はマネされない? 他社が「センタータンク」採用しない理由

6/12(水) 7:10配信

くるまのニュース

ハイブリッド技術を無償開放したトヨタ、本音は?

 ホンダの「センタータンクレイアウト」は特許のからみで他社で採用された例はほとんどありませんが、トヨタはハイブリッド車の開発で培った約2万3740件の特許実施権を、無償で提供すると2019年4月に発表しました。公開される範囲はモーターやPCU(パワーコントロールユニット)、システムの制御など多岐に渡ります。

 これに先立って、2019年3月にはトヨタとスズキが新たな協業について検討を開始したと発表し、協業を検討する項目のひとつとして、スズキがトヨタからハイブリッドシステムの供給を受けることが含まれました。

 ハイブリッド車はトヨタの人気車種の多くに搭載されており、この技術は将来においても同社の核となることは間違いありません。なぜ、トヨタは技術の公開を決めたのでしょうか。

 その理由は、一企業からの二酸化炭素排出量だけでなく世界全体での排出量削減に貢献するため、とトヨタは説明します。同社の寺師茂樹取締役・副社長は、次のようにコメントしています。

「ハイブリッド車など電動車普及の必要性を感じておられる多くの企業から、トヨタの車両電動化システムについて、お問い合わせをいただくようになりました。

 そのため、今こそ協調して取り組むときだ、と思いました。とくにこれからの10年で一気に普及が加速すれば、電動車が普通のクルマになっていくでしょう。そのお手伝いをさせていただきたいと考えました」

 ※ ※ ※

 トヨタがハイブリッド技術を公開したほかの理由としては、自社システムを他社でも採用してもらうことで「業界標準」といえるようなポジションを確立させたい、という考えも推察されます。

「電動車」というジャンルにおけるトヨタのライバルが、他社のハイブリッド車のみならず電気自動車をはじめ数多く登場している現状を考えると、そのような狙いがあったとしても不思議ではありません。

 同じ「特許技術」というものの扱いからも、両社の戦略の違いを見ることができます。

くるまのニュース編集部

2/2ページ

最終更新:6/12(水) 15:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ