ここから本文です

生活保護費を不正受給、容疑で会社員の60歳男を逮捕 調査で発覚、返還に応じず市が告訴/上尾署

6/12(水) 6:50配信

埼玉新聞

 埼玉県の上尾署は11日、詐欺容疑で千葉県松戸市松戸、会社員の男(60)を逮捕した。

生活保護費1400万円を不正受給、容疑の男逮捕 「楽に生活できる」収入申告書に無収入と記載/新座署

 逮捕容疑は2012年12月27日から13年10月4日にかけて、働いて収入を得ていたにもかかわらず無収入を装い、9回にわたり、当時住んでいた桶川市から生活保護費計約200万円をだまし取った疑い。

 同署によると、桶川市の調査で不正受給が発覚。市は返還を求めたが応じなかったため、15年3月に市が告訴していた。男は「生活保護だけでは足りなかった。働きながら生活保護を受給したことは間違いない」と容疑を認めているという。

最終更新:6/12(水) 6:50
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事