ここから本文です

脱 ・原発求める株主グループ 県に株主提案の賛同求める/富山

6/12(水) 20:31配信

チューリップテレビ

 北陸電力の株主総会を前に脱・原発を求める株主グループが筆頭株主である県に志賀原発の廃炉などを盛り込んだ株主提案議案への賛同を求めました。

 県庁を訪れたのは富山と石川の株主の一部でつくる「北陸電力と共に脱原発をすすめる株主の会」のメンバーなどです。
 「株主の会」は、今月26日の北陸電力の株主総会に向けて、志賀原発の廃炉や重大事故が起こった際の損害賠償責任などを求める6つの株主提案議案を提出しています。
 議案の提出は6年連続で、今年は株主102人が議案に賛同しているということです。
 株主の会は県に対して「県民の命・財産と自然を守る立場に立って対応を考えてほしい」と議案への賛同を求めましたが、県は、「株主総会までに内部で検討する」と返答しました。
 志賀原発をめぐっては14日、2号機の再稼働の可否を議論する原子力規制委員会の審査会合が開かれ、北陸電力は活動性があるかどうかの評価対象とする断層を決めるための新たな調査方法について説明する予定です。

チューリップテレビ

最終更新:6/12(水) 20:31
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事