ここから本文です

[ALEXANDROS]川上洋平「運命めいたモノも感じた」新曲秘話

6/12(水) 20:12配信

TOKYO FM+

[ALEXANDROS]の川上洋平が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。アクエリアスのCMソングとして書き下ろした楽曲のタイトルを発表し、この曲への想いを伝えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」6月11日(火)放送分)

――新曲のタイトルは「月色ホライズン」

川上:この「月色ホライズン」というタイトルの“ホライズン”は、割と最初から決まっていたんです。でも「もう1個足したいな~」と思って、めちゃくちゃ悩みました。
この曲の制作秘話としたら、まずピンポイントでCM用の長さで作ったんです。だからサビから作った曲です。

アクエリアスって昔からある清涼飲料水じゃないですか?
僕がアクエリアスに最初に触れたのは、小学校か中学校くらいのときだったんだよね。まだ海外に住んでいた頃で、日本の食べ物や飲み物って口に出来なかったんです。でも、毎月のようにお姉ちゃんが日本からビデオテープを送ってくれていて、そこで流れてるCMとかを見て「あー今、日本ではこんな飲み物があるんだ~」って知ったんですよ。

そのとき、アクエリアスのCMで流れてた曲がMr.Childrenの「innocent world」でした。そのCMを見てアクエリアスを知ったし、Mr.Childrenのことも知ったんです。「スゲェこの曲良いいな~」、そして「この飲料水、飲みたい!」って。

それから20年くらい経って、アクエリアスのCMのお話が来たわけなんですけど、すごく嬉しかったですね。運命めいたモノも感じたし。なので、めちゃめちゃ気合いを入れて作りました!

最終更新:6/12(水) 20:12
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事