ここから本文です

洪水に備えて 河川の“キケン”をチェック/富山

6/12(水) 20:32配信

チューリップテレビ

 大雨のときに氾濫のおそれがある河川の危険な箇所をチェックしました。

 これは、富山河川国道事務所や自治体、水防団などが毎年この時期に行っているものです。
 12日は、常願寺川沿いで大雨が降ったときに堤防が決壊しそうな場所や川の水が堤防を越えるおそれがありそうな場所などを確認しました。
 富山河川国道事務所によりますと常願寺川は、川の流れが速く川岸の土砂が流されやすいため今年度から中洲を削り川の水位を下げる工事に取り組んでいます。
 また、12日は資材倉庫に水防活動で使用する土のうや丸太などが保管されているかどうかも点検しました。

 「想定を超えるような大きな洪水は必ず発生すると思っていただいて、皆さんが防災意識を常に持っていただいて、常日頃避難等について考えていただき、避難勧告があれば従っていただくことが大切です」(国土交通省・澤原和哉課長)

チューリップテレビ

最終更新:6/12(水) 20:32
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事