ここから本文です

高砂部屋富山合宿 再び朝乃山フィーバー/富山

6/12(水) 20:37配信

チューリップテレビ

 大相撲夏場所で県出身力士として103年ぶりに優勝した朝乃山が再び富山に帰ってきました。
 12日から始まった高砂部屋の富山合宿には2000人を超えるファンが集まり、再び朝乃山フィーバーに沸きました。

 「午前6時半、朝稽古が始まるまであと1時間ありますが土俵の周りにはすでにたくさんの人がいて今か今かと待っています」(記者)

 Q.目当ては?
 「もちろん朝乃山」(女性ファン)

 「目当ては朝ちゃんじゃのお」「朝ちゃんって呼んでいらっしゃるんですか」「朝ちゃんって呼んでいる」(男性ファン)

 「東京から来ました」(女性ファン)

 Q.もうすぐ始まりますけど?
 「悲鳴あげますがんばれ~って」
 「2年前からこれをかかげて応援しています」
 「郷土の人に有志を見せて欲しい」(男性ファン)

 12日から射水市のグリーンパークだいもん相撲場で始まった高砂部屋の合宿。
 高砂部屋が富山で合宿を行うのは初めてで、午前7時半から始まった朝稽古には序の口から幕下までの力士が黙々と四股やすり足の練習に取り組みました。
 そして、30分後…
 「ついにみなさんお待ちかね朝乃山が稽古場に来ました。たくさんの相撲ファンに盛大な拍手で迎えられています。会場の熱気も一気にあがりました」(記者)

 「きゃー」地元スターの凱旋に集まったファンが大興奮。

 「稽古中ですのでもう少し静かに応援してください」(会場アナウンス)

 四股やすり足で体を慣らしたあと朝乃山は、射水市のアイシン軽金属の相撲部や部屋の力士と『申し合い』と呼ばれる勝ち抜き戦に参加しました。
 12日の申し合いで朝乃山は9番とって全勝。
 最後は、ぶつかり稽古をとって部屋頭としての強さを地元ファンに見せつけました。

 Q.どうでしたか?
 「迫力があってすごかったです」
 「(間近でみると)音がいいしやっている人の顔が真剣でよかった」
 「さっき取り組み見たけど(朝乃山が)1枚も2枚も上にみえた」(ファン)

 この日、訪れたファンの中には入場4時間前の午前3時から並んだという人もあらわれるなど優勝から2週間たっても朝乃山フィーバーはいまだおさまる気配はありません。

 握手会にはあっという間に人だかりが…。

 Q.これくらいの人手というのは想像していた?
 「大体想像していました」
 「初めての合宿ということもあってたくさんの人に声援をいただいたんで本当にありがたいです」(朝乃山)

 また、12日は部屋のちゃんこ番がつくった高砂部屋伝統の『塩ちゃんこ鍋』が無料でふるまわれました。
 12日用意された100食分は、あっという間になくなりました。
 集まった2000人を超えるファンの声援を受け地元で英気を養った朝乃山。
 次の名古屋場所に向けての決意は。

 「名古屋場所は厳しい場所になると思うんですけどしっかりその雰囲気の中で自分の相撲が取れるかが勝負だと思うんで勝ち負けこだわらず自分の相撲をとりきりたいです」(朝乃山)

 高砂部屋の合宿は13日も行われます。

チューリップテレビ

最終更新:6/12(水) 20:37
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事