ここから本文です

岡山の「防災重点ため池」 西日本豪雨受け基準見直しで大幅増

6/12(水) 19:14配信

KSB瀬戸内海放送

 去年の西日本豪雨を受けて国は、決壊したときに人的被害の恐れがある「防災重点ため池」の基準を見直しました。
 その結果、岡山県は以前の18倍近くのため池が選定されました。

 去年の西日本豪雨では岡山県で230のため池が損壊し、4つが決壊しました。
 このほか、各地で「防災重点ため池」に選ばれていないため池が決壊し、被害が拡大したことから、国は去年11月、選定基準を見直しました。
 その結果、岡山県はこれまでの17.6倍の4028の「ため池」が選定されました。
 岡山県は全国で4番目に多い数です。

 国は「防災重点ため池」について、それぞれの市町村が調査して、浸水想定区域図を早急につくることなどを求めています。

最終更新:6/12(水) 19:15
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ