ここから本文です

楽天ペイとEdyの合わせ技が最高 nanacoのヘビーユーザーだった私が鞍替えした理由

6/12(水) 19:00配信

マネーの達人

キャンペーン中は楽天カードを紐づけした方がお得

基本的には好きなカードを楽天ペイに紐づけすれば良いのですが、楽天カードとの紐づけの方が高いポイント還元率を得られることもあります。

2019年6月現在、楽天カードと楽天ペイを紐づけしていれば、支払額の5%がポイント還元されるキャンペーンをしています。

第1弾は7/1までですが、第2弾もあるようです。

このキャンペーン期間中は楽天カードを設定した方が良さそうです。

楽天のダイヤモンドランクになるというラッキーなハプニングも

日常の買い物をほぼ、Edyと楽天ペイで支払うようになってから、想定していなかったラッキーなことがありました。

楽天の会員ランクが「ダイヤモンド会員」になったのです。

楽天市場での買い物回数はわずか年8回、合計3万5000円しか使っていないにも関わらず、日常生活での利用でダイヤモンド会員になることができました。

ダイヤモンド会員のランクアップ要件
過去6か月で

(1) 4000ポイント以上
(2) かつ30回以上ポイントを獲得
(3) かつ楽天カードを保有

特に(2)の条件を急ピッチで達成します。

Edyや楽天ペイを使用するたびにたとえ少額であってもポイントを獲得できるので、この回数を楽にクリアします。

問題は(1)の条件4000ポイントですが、こちらは高額の支払いに楽天カードを使ったことによりクリアできました。

筆者宅は現在、リクルートカードをメインカードとして使っていますが、利用限度額がまだ少ないため高額の支払いをすると、光熱費などの固定費の支払いができなくなってしまいます。

そこで5万円以上の出費は楽天カードを使いました。

(例)家族4人分の帰省代(新幹線)、固定資産税、病院の入院費 等

もちろん楽天市場での買い物も、楽天スーパーセール期間に購入したり、SPUや「5のつく日は5倍」等のキャンペーンを利用して、ポイントをできるだけ多く獲得できるよう工夫しました。

ダイヤモンド会員になるメリットで一番大きいと感じるのは、特別なキャンペーンにエントリーする資格が得られることです。

ポイントの付与数も大きいのがうれしいです。

3/4ページ

最終更新:6/12(水) 19:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事