ここから本文です

芦名星VS女性警察官 “どんでん返し”ミステリー『W県警の悲劇』7月スタート

6/12(水) 7:00配信

クランクイン!

 女優の芦名星が主演を務めるドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東・BSテレ東4K/毎週土曜21時)が、7月からスタートすることが決まった。芦名はゴールデン帯連続ドラマ初主演となる。

【写真】ドラマ『W県警の悲劇』原作書影


 本作は、『凍てつく太陽』で第21回大藪春彦賞、第72回日本推理作家協会賞を受賞した、葉真中顕の同名小説『W県警の悲劇』(徳間書店)をドラマ化。芦名演じる監察官が、毎回強力な女性警察官と対峙する“女同士のバトル”が見どころの謎解きエンターテイメントとなっている。

 W県警の監察官・松永菜穂子(芦名)は、男尊女卑が色濃い旧態依然の県警の中で、女性警察官の道を作るために日々奮闘している。監察官である菜穂子の仕事は“警察の中の警察”ともいえるポジションであり、生まれ持った洞察力や観察力を駆使し、各所轄にいる女性警察官と対峙していく。しかし、どの警察官も一筋縄ではいかない女性たちばかり。清濁併せ呑み追及していくのだが、それぞれ何かしらの“秘め事”を抱えているようで…。

 ゴールデン帯連続ドラマ初主演の芦名は「とても嬉しかったです。設定や人物像にいくつも仕掛けがあり、私のイメージする女性警視よりずっとボリュームのある主人公設定、そして内容でしたので、ますますやり甲斐を感じ、この夏はここに尽力しようと思います」と喜びと意気込みをコメント。

 見どころについては「全話、どんでん返しが待ってます!! これは今回の1つのポイントですね。それがまた面白い。それを期待して見て頂いても、それをわかっていても、楽しめると思います。そして、最終話まで楽しんで頂いた最後の最後の先に…私も驚愕した出来事が待っています!」と今後の展開を期待させるメッセージを寄せた。

 土曜ドラマ9『W県警の悲劇』は、BSテレ東・BSテレ東4Kにて7月13日より毎週土曜21時放送。

最終更新:6/12(水) 7:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事