ここから本文です

エド・シーラン、ダニー・ボイル監督らのメイキング写真が到着 ビートルズをテーマにした映画『イエスタデイ』

6/12(水) 13:07配信

Billboard Japan

 「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」という設定が話題の映画『YESTERDAY』の邦題『イエスタデイ』と、日本公開が10月11日になることが決定した。

 本作は、音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲に彩られ展開していく壮大なドラマ。『トレインスポッティング』や『スラムドッグ$ミリオネア』を手掛けたダニー・ボイル監督と、『ラブ・アクチュアリー』、『ノッティングヒルの恋人』などどイギリスを代表するロマンティック・コメディで知られる脚本家リチャード・カーティスがタッグを組む。

 エド・シーランが出演することでも話題となっており、エド・シーランとダニー・ボイル監督たちの様子を収めたメイキング写真も到着。今までカメオ出演が多かったエド・シーランは、以前「自分のキャリアに映画を1本加えたくて」とコメントしているように、本作には本人役で主人公ジャックに大きくかかわる人物として登場する。スタイリッシュな映像と音楽を使った演出に定評のあるボイル監督は、「これはザ・ビートルズへのラブレターだ」と明かしており、脚本家カーティスも「映画よりも音楽が好き」と宣言するほどの音楽好き。豪華タッグの“音楽愛”によって生み出される、ユニークなストーリー展開に注目だ。

最終更新:6/12(水) 13:07
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事