ここから本文です

【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が歴代最高記録を更新しストリーミング3連覇 菅田将暉が2位に初登場

6/12(水) 16:08配信

Billboard Japan

 2019年6月17日付(集計期間:2019年6月3日~6月9日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、Official髭男dism「Pretender」が4,614,978回再生で3連覇を達成。前週に引き続き、2017年10月のチャート開始以降、歴代最高となる週間再生回数記録を更新した。

 6月4日よりストリーミング配信がスタートした菅田将暉「まちがいさがし」は、3,425,494回再生を記録し2位に初登場。この数字は、2019年6月3日付チャートのあいみょん「マリーゴールド」(336.7万回再生)を超え、2位としては過去最高のストリーミング数となる。「まちがいさがし」の他にも、当週は上位7曲がそれぞれの順位で過去最高のストリーミング数を更新しており、ハイレベルな戦いとなった。当週と昨年の同時期(2018年6月18日付チャート)の再生回数と比べると、トップ100の平均が150%増なのに対し、トップ10の平均は226%増と、特にトップ10入りが以前より困難になっていることが窺える。

 また当週は、初登場の新曲がトップ100に15曲チャートインを果たした。GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZら“Jr.EXILE世代”による新たな総合エンタテインメント・プロジェクト<BATTLE OF TOKYO>より、「SHOOT IT OUT」「SHOCK THE WORLD」の2曲がトップ10にエントリー。6月7日から公開がスタートした映画『アラジン』のテーマソング「ホール・ニュー・ワールド」は、中村倫也と木下晴香が歌唱を担当する日本語版が48位、ゼイン&ジャヴァイア・ワードによるエンドソングが74位、さらにアラジンを演じるメナ・マスードとジャスミンを演じるナオミ・スコットによるオリジナル版劇中歌が77位にそれぞれランクインした。

 当週CDリリースを迎えたMAN WITH A MISSION「Remember Me」は、前週から約40%増となる130万回再生を記録し14位に。『淡麗グリーンラベル』新CMに起用されたback number「ヒロイン」は、前週52位から45位にジャンプアップを果たした。
 

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Pretender」Official髭男dism(4,614,978回再生)
2位「まちがいさがし」菅田将暉(3,425,494回再生)
3位「マリーゴールド」あいみょん(3,211,917回再生)
4位「白日」King Gnu(2,628,352回再生)
5位「SHOOT IT OUT」GENERATIONS from EXILE TRIBE vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(2,123,201回再生)
6位「ハルノヒ」あいみょん(1,991,539回再生)
7位「SHOCK THE WORLD」FANTASTICS from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(1,985,007回再生)
8位「ノーダウト」Official髭男dism(1,646,177回再生)
9位「君はロックを聴かない」あいみょん(1,615,219回再生)
10位「今夜このまま」あいみょん(1,499,335回再生)

最終更新:6/12(水) 16:08
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ