ここから本文です

小泉成器が2019年度の経営戦略を発表、海外ビジネスの展開を加速

6/12(水) 10:27配信

BCN

 小泉成器は6月12~13日の2日間、東京ドームシティのプリズムホールで総合展示会「KOIZUMI LIFE CREATION」を開催している。初日に行われた記者会見では、田中裕二社長が2019年度の経営戦略を発表した。



 新中期計画の初年度となる2019年度のスローガンは、「Change Myself Change Our Company」。昨年から打ち出している“コト”訴求を継続し、変化に対応する業態から変化を創造する業態への転換を加速させる。重点を置くのは、自社ブランド商品の拡大、海外ブランドビジネスの確立、新商材・新販路の発掘、営業力の強化。子会社を含めた売上高は前年比106.0%の780億円を目指す。

 18年3月に中国現地法人を立ち上げ、その年の秋に広州交易会に初出展した。田中社長は、「中国メーカーと少し違った視点で独自の雰囲気を出せたのではないかと考えている。39カ国114社にブースを訪問していただいた」と手応えを語った。既に、インドネシア、台湾、中国でビジネスがスタートしているが、今後はシンガポール、ベトナム、フィリピンでも代理店網を整備する予定だ。

最終更新:6/12(水) 10:27
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事