ここから本文です

プログラミングでロボット操作 上市・宮川小児童

6/12(水) 13:42配信

北日本新聞

 県職業能力開発協会(金岡克己会長)の「ITの魅力発信講座」が12日、上市町宮川小学校であり、6年生22人がプログラミングでロボットを操作した。

 厚労省から委託を受けた「若年技能者人材育成支援等事業」の一環。情報技術関連の技能者「ITマスター」ら4人が講師を務めた。

 児童はタブレット端末を使って二足歩行の人型ロボットを操作。動作や会話のプログラムを入力し、しゃべらせたりダンスをさせたりした。ロボットの愛らしい動きに、子どもたちは夢中になっていた。

北日本新聞社

最終更新:7/3(水) 16:31
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ