ここから本文です

【MLB】田中将大、第2子誕生後初登板で4勝目 ブーン監督称賛「今日は非常に良かった」

6/12(水) 8:37配信

Full-Count

メッツとのダブルヘッダー第1試合で7回途中7安打5失点で30日ぶり勝ち星

■ヤンキース 12-5 メッツ(日本時間12日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は11日(日本時間12日)、本拠地で行われたメッツとのダブルヘッダー第1試合に先発。6回2/3を投げ、7安打5失点(自責4)で5月12日以来30日ぶりの今季4勝目を挙げた。

【動画】米記者も“ぞっこん”に? ヤンキースタジアムに駆けつけた「ももいろクローバーZ」の様子

 1点リードの3回に遊撃・グレゴリアスの失策から連打で同点。同無死一、二塁からはマクニールに3号3ランを浴びて4失点したが、4回に打線がウルシェラの5号2ラン、ボイドの16号3ランで大逆転。7回2死一塁で降板したものの、6回2/3で今季最多101球、7奪三振無四球、7安打5失点だった。防御率3.58となり、チームは3連勝だ。

 ダブルヘッダーの第1試合で田中が7回途中まで投げた。ブーン監督は地元放送局「YESネットワーク」で「(チームにとって)非常に大きなことだ。彼は良い投球をしていたと思う。彼の投球を背に守備が上手くいかない時もあり、時間がかかってしまったイニングも確かにあった。しかし、マクニールのホームランを除けば、今日は非常に良かったと思う」と称賛した。

 5月7日の本拠地マリナーズ戦から7試合連続で6イニング以上を投げている。指揮官は「マクニールにはスプリットを打たれたが、良いスプリットをたくさん投げていた。スライダーと直球のコンビネーションがシーズン通して割と安定している。スライダーは右打者に対しても左打者に対しても、非常に効果的な武器になり続けている」と勝負球の精度に目を細めた。

 10日のメッツ戦が雨天中止となり、スライドで先発した。7日に第2子となる長女が誕生。父親リスト入りして中6日を空けての登板となったが、第2子誕生後の初登板で嬉しい白星となった。

Full-Count編集部

最終更新:6/14(金) 16:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事