ここから本文です

小林幸子「しょこたん二世」ポケモン曲歌う小1絶賛

6/12(水) 4:00配信

日刊スポーツ

小林幸子(65)中川翔子(34)と一緒に、ポケモン映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」(7月12日公開)の主題歌「風といっしょに」を歌唱する小学生7人組“ポケモンキッズ2019”が11日までに決まった。

【写真】「風といっしょに」を歌唱する小林幸子、中川翔子とポケモンキッズ2019。前列左から3人目が池田帆奈ちゃん

約1000人の応募から選ばれた男の子2人、女の子5人で、最年少は小1の池田帆奈(はんな)ちゃん(6)。年齢は一番下だが、抜群の歌声が評価され、歌い出しの「歩きつづけて どこまでゆくの? 風にたずねられて たちどまる」をソロ歌唱することも決まった。

歌声を聴いた小林は「帆奈ちゃんの声は10歳でデビューした自分を思い出させました」とほれこんだ。そして「透明感があり、伸びやかな声、純粋に『ポケモン』が好きな心が伝わり、『しょこたん二世』とも思わせる雰囲気がありました」と、歌手や声優として活躍する中川と重ね合わせた。

映画は98年に公開されたポケモン映画シリーズ第1作をフル3DCGにした新作。米国の日本映画興行収入の歴代1位を持つ作品の令和版で、「風といっしょに」は当時も主題歌として小林と4人のポケモンキッズによって歌唱されている。

ポケモンの大ファンを公言する中川は「ポケモン第一世代の私が、ポケモンを好きになって、幸子さんの『風といっしょに』を聴いて、たくさんの夢と幸せを見つけることができる大人になりました。21年前に始まった夢が、令和元年につながって広がっていくポケモンの輪。受け継がれていく喜びと素晴らしさを実感しています」と、映画の公開日を待ちわびている。

最終更新:6/12(水) 4:44
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事