ここから本文です

任天堂、「どうぶつの森」発売は3月に延期-1カ月半ぶり下落

6/12(水) 8:29配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 任天堂は12日、ビデオゲーム「どうぶつの森」最新作の発売が2020年3月にずれ込むことを明らかにした。従来は19年を予定していた。家庭用ゲーム機「スイッチ」の新型モデルの発売の追い風になると見られていた年末商戦向け主要ゲームタイトルが1つ減ることになる。

ロサンゼルスで今週開幕したゲーム見本市「E3」に合わせて配信したオンラインビデオで任天堂は、19年に投入するもう一つの主要ゲーム「ルイージマンション3」は予定通りと説明。ただ発売日への言及はなかった。40分間の同ビデオはゲームソフトメーカーからのスイッチへの支持の高まりを強調したほか、大ヒットした「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」の続編を開発中であることも明らかにした。発売日は明らかにしていない。

小泉歓晃執行役員は映像で、どうぶつの森について「よりよい形でお届けするためにもう少し開発の時間をいただく」と述べた。

どうぶつの森の新作発売は先送りするが、スイッチ向けの今年のゲームソフトのラインアップは依然素晴らしく、11日のビデオでは、「ゼルダの伝説 夢をみる島」リメーク版を9月20日に発売することを確認した。

同社はまた、スイッチの新しい廉価モデルについては予想通り言及しなかった。同社幹部は4月に、E3での新たなハードウエアの発表予定はないと述べていた。

12日の任天堂の株価は一時前日比3.4%安の3万8050円と約1カ月半ぶりの下落率となった。

E3での発表内容についてSMBC日興証券の前田栄二アナリストは同日付リポートで、「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」の続編開発を評価する一方、「どうぶつの森」の発売が期末近くに遅れたのはネガティブな印象だと述べた。

原題:Nintendo Delays Key Title Animal Crossing, Thinning 2019 Lineup(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Yuji Nakamura, Christopher Palmeri

最終更新:6/12(水) 10:50
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事