ここから本文です

ウーマン村本 安倍政権の矛盾を指摘「拉致問題解決するって言ってずっとしないまま」

6/13(木) 8:51配信

東スポWeb

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が12日、ツイッターを更新し、安倍政権の矛盾を指摘した。

 村本は政治家の失言が相次いでいる現状について、またそうした政治家を選ぶ選挙について言及した。

「選挙は完璧な民主主義」と評しつつ、政治家のご都合主義を断罪。

「ただ選挙の時に、今言ってることも先に話してほしいけどね。それで選ばせてもらえればちゃんと選ぶのに。北方領土は戦争して返してもらいたい、とか、拉致問題解決するって言ってずっとしないままです、とか、選挙の時に教えてよって思うけどね」とツイートした。

 選挙期間中は票集めのために、きれいごとを言ったり、実際は実現不可能な公約を主張する候補者が後を絶たない。

 しかし、当選後は公約を守ることなく、堂々と不倫をしたり、丸山穂高衆議院議員(35)のように酒に溺れ、暴言を吐いたりと、事実上の“税金ドロボー”となるケースもある。安倍政権にしても、長年、拉致問題の解決を訴えているものの、自ら望んだ北朝鮮首脳とのトップ会談は不発に終わり、前進の兆しは一向に見られない。

 村本はこうした選挙と現実の矛盾を突き、政治家や再選を目指す候補者に“本音”でのトークを求めた。

最終更新:6/13(木) 8:56
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事