ここから本文です

WECトヨタ入りのハートレー、来季は中嶋一貴&ブエミとタッグか

6/13(木) 14:50配信

motorsport.com 日本版

 FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦しているトヨタは、今年4月にフェルナンド・アロンソに代わってブレンドン・ハートレーがチームに加入することを発表していた。

【リザルト】2019 ル・マン24時間レース予選1回目タイム結果

 一方で、トヨタはドライバーの組み合わせは発表しておらず、ハートレーがアロンソの代わりに、8号車の現クルーである中嶋一貴&セバスチャン・ブエミと組むことになるかどうかは分かっていなかった。

 今季のスーパーシーズン最終戦ル・マン24時間レースを前に、トヨタのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは「ブレンドンはフェルナンドと交代することになる。それが最も直接的なアプローチだ」と語り、ハートレーが中嶋とブエミと組むことになると認めた。

 バセロンは、”組み合わせをシャッフルする意味はない”と付け加えている。

 ポルシェのドライバーとして4年間WECに参戦し、2度のタイトルと1度のル・マン制覇を経験したハートレーは、すでにトヨタのマシンをドライブしており、今週末のル・マン24時間にリザーブドライバーとしてエントリーしている。

 彼は5月にスパ・フランコルシャンでル・マン前のシェイクダウンを行い、6月2日のル・マン公式テストでも走行している。

Gary Watkins

最終更新:6/13(木) 14:52
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事