ここから本文です

全米女子出場組も復帰 5位タイの比嘉真美子は次なる海外メジャーも標的【開幕前コメント集】

6/13(木) 11:46配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<宮里藍 サントリーレディス 事前情報◇12日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511ヤード・パー72>

これは…エア・ジョーダン!?【写真】

賞金総額1億円、優勝1800万円の4日間大会「宮里藍 サントリーレディス」が本日開幕。すでに続々と選手達はコースに飛び出している。今大会では、2週前の「全米女子オープン」に出場した選手も復帰したが、その面々を中心に開幕前の注目選手の声を集めた。

■全米女子オープンを5位タイで終えた比嘉真美子
「月曜日にコースに入りました。(全米女子は)どれをとっても成長させてくれる要素しかなかったです。プレーヤーとして、人として今後もっと成長したいと思っていた時に、すごく充実した1週間を過ごせました。とても貴重な時間になった。ここから2週間でいいゴルフをして、(エビアン選手権に出場できる)世界ランク40位以内に入れたらラッキーだなと思っています」

■同大会22位タイだった鈴木愛
「帰ってきて、風邪っぽい症状もあり動けなかったので、体は少し怠い。今季に入って、何となくうまくいっていないのが、(全米女子でも)初日に出てしまった。2日目からは流れもよくなって、少しずつパットが入ってくるようにもなっているので、それは大きい。(エビアン選手権出場決定)世界ランキング(40位以内の資格)で出られますよ、とUSLPGAからエントリーのメールが来ました」

■鈴木と同じく22位タイで同大会を終えた勝みなみ
「ショットや、ドライバーの飛距離は全然劣ってなかった。簡単なアプローチとかでミスをしてボギーを叩いてしまったのは悔しかったですね。移動とかも大変そうだし、(米ツアーは)今回みたいなスポット参戦がベストですね。今週もいつもと同じで笑顔で楽しく頑張れればいいなと思っています」

■全米女子オープン62位タイで、昨年の今大会覇者・成田美寿々
「(元プロ野球巨人・高橋由伸氏とアマプロを回って)最初は緊張して、3ホールくらいボールに当たらなかった(笑)。超一流選手だったので『調子が悪い時に考えていること』などを聞きました。その話を聞いて、スポーツ選手として、調子がよくなくてもみんなの前に立たないといけないのは宿命だと思って、へこたれないようにしないとと思いました。(神戸は)相性はいいので、うまくいくと思えたら気分も変わる。一カ月賞金を稼げていないのは、ちょっと調子が悪すぎましたね」

■前週優勝の上田桃子
「先週よりも調子は上がっていると思うし、4日間大会もすごく好き。『(宮里)藍ちゃんの大会を盛り上げるよう調子を上げていきますね』というのは本人とLINEで話していたので、それができたらすごくうれしい。先週よりもグリーンは締まっているので、下りは神経を使うかなと思います。バンカーが効いているけど、そういう部分は自分は得意。しっかりとスコアを作っていきたい」

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:6/13(木) 11:46
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事